安全安心な交通社会へ。広島トヨペットのサポカーにおまかせ! 安全安心な交通社会へ。広島トヨペットのサポカーにおまかせ!

トヨタのサポカーは、もしもの時もドライバーの安全安心をサポートします。 トヨタのサポカーは、もしもの時もドライバーの安全安心をサポートします。

踏み間違えてもサポート 踏み間違えてもサポート

駐車場で、アクセルブレーキをまさかの踏み間違え!! 駐車場で、アクセルブレーキをまさかの踏み間違え!!

ソナーで前後の障害物を検知、駐車時などの衝突回避をサポート ソナーで前後の障害物を検知、駐車時などの衝突回避をサポート

踏み間違い時サポートブレーキ、インテリジェントクリアランスソナー 踏み間違い時サポートブレーキ、インテリジェントクリアランスソナー

警報と自動ブレーキで、ぶつからずに済んだ〜 警報と自動ブレーキで、ぶつからずに済んだ〜

アクセルの踏み間違いや踏みすぎなどで起こる衝突を緩和し、被害の軽減をサポートします。車庫入れなどの運転時、前後のセンサーが壁などの障害物を検知している場合、障害物の接近をブザーとディスプレイ表示でお知らせするとともに、急発進・急加速をしないようエンジンの出力をコントロール。さらに距離が縮まると、障害物にぶつからないように自動でブレーキをかけます。

■インテリジェントクリアランスソナーは自動ブレーキまで働くシステムではありますが、必ず止まることを約束するものではありません。道路状況、車両状態および天候状態等によっては作動しない場合があります。また、衝突の可能性がなくてもシステムが作動する場合もあります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。■安全運転を行う責任は運転者にあります。常に周囲の状況を把握し、安全運転に努めてください。■ソナーの感知範囲、作動速度には限界があります。必ず車両周辺の安全を確認しながら運転してください。

ぶつからないをサポート ぶつからないをサポート

前のクルマが急な減速。歩行者の横断。気づくのが遅れ、あわや・・・ 前のクルマが急な減速。歩行者の横断。気づくのが遅れ、あわや・・・

衝突の危険を警報で知らせ、ブレーキアシストと自動ブレーキで衝突回避や被害軽減をサポート 衝突の危険を警報で知らせ、ブレーキアシストと自動ブレーキで衝突回避や被害軽減をサポート

自動ブレーキ プリクラッシュセーフティシステム 自動ブレーキ プリクラッシュセーフティシステム

  • 対自転車運転者[昼]・対歩行者[昼夜]・対車両(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式) 対自転車運転者[昼]・対歩行者[昼夜]・対車両(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • 対歩行者[昼]・対車両(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式) 対歩行者[昼]・対車両(ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)
  • 対車両(レーザーレーダー+単眼カメラ方式) 対車両(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

ブザーとディスプレイ表示で衝突の危険をお知らせし、ブレーキを踏めた場合は強力なブレーキアシストが作動。ブレーキを踏めなかった場合は自動ブレーキを作動させ、衝突回避または被害軽減をサポートします。

自動ブレーキが作動してくれて助かった〜 自動ブレーキが作動してくれて助かった〜

プリクラッシュブレーキ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)は、対車両は自車速度約10km/hから作動、対歩行者は自車速度約10〜80km/hで作動します。プリクラッシュセーフティシステム(レーザーレーダー+単眼カメラ方式)の警報は自車速度約15km/h~140km/h※、ブレーキアシストは自車速度約30km~80km/h、自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。■道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値は社内測定値。
※公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。

はみださないをサポート はみださないをサポート

高速道路で、いつの間にか車線をはみ出しそうに! 高速道路で、いつの間にか車線をはみ出しそうに!

道路上の白線(黄線)を単眼カメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線をはみ出しそうな場合に、ブザーとディスプレイ表示でお知らせ。さらに、車両によっては車線の逸脱を回避しやすいように、ドライバーのステアリング操作をサポートします。

ハンドル操作サポート レーントレーシングアシスト ハンドル操作サポート レーントレーシングアシスト

車線はみ出しアラート レーンディパーチャーアラート 車線はみ出しアラート レーンディパーチャーアラート

ステアリング操作支援が作動してよかった〜 ステアリング操作支援が作動してよかった〜

■本システムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■車種によってはハンドル操作を制御する機能も搭載しています。

夜間の見やすさをサポート 夜間の見やすさをサポート

夜道を走っていたら、すぐ前に人が! 夜道を走っていたら、すぐ前に人が!

ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポートするオートマチックハイビーム。切替忘れを防ぎ、手動操作の煩わしさも軽減させます。アダプティブハイビームシステムは、LEDの点灯・消灯を細やかに制御し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないよう自動的に遮光。夜間の優れた視認性を確保します。

状況に応じてハイビームとロービームを切り替える 状況に応じてハイビームとロービームを切り替える

自動ハイビーム, オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム 自動ハイビーム, オートマチックハイビーム/アダプティブハイビームシステム

ハイビーム/ロービームを自動で切り替え、安心! ハイビーム/ロービームを自動で切り替え、安心!

■オートマチックハイビームは自車速度約30km/h以上で作動します。■ハイ・ロービームの切替自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■運転中は、横断者などを早めに発見するためにハイビームを推奨しますが、対向車・先行車だけでなく、周囲の歩行者・自転車等に配慮し、ロービームへの切り替えや減速など、安全運転を心がけてください。■車種によってはアダプティブハイビームシステムを搭載しています。■車種によってはハンドル操作を制御する機能も搭載しています。

前のクルマの発進をお知らせ 前のクルマの発進をお知らせ

先行車発進告知機能 先行車発進告知機能

先行車発進告知機能は、信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかずそのままでいる場合には、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示でお知らせします。

■シフトポジションが「P」「R」以外でブレーキペダルを踏んで停車している時に作動します。シフトポジションが「N」の時、またはレーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)機能で自車が停止した場合、さらにシフトポジションが「D」の時にブレーキホールドを使用した場合は、ブレーキペダルを踏んでいなくても作動します。 ■先行車が約4m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。なお、機能のON/OFFおよび通知タイミングの変更が可能です。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

ついていくをサポート ついていくをサポート

追従ドライブ支援機能 レーダークルーズコントロール 追従ドライブ支援機能 レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援します。先行車が停止した時は自車も停止して停止状態を保持、先行車が発進した時はドライバー操作により発進し、追従走行を再開します。高速道路の渋滞走行時など、停止・発進を繰り返すシーンで、ドライバーの運転負荷を大幅に軽減します。

■車間距離制御は状況により限界があります。システムを過信せず、安全運転をお願いします。■システムの設定上限速度は撤廃されています。設定速度は、制限速度、交通の流れ、路面環境、天候などを考慮して適切に設定してください。設定速度の確認は運転者が行う必要があります。■道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。■高速道路や自動車専用道路でご使用ください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

標識の見逃し防止をサポート 標識の見逃し防止をサポート

標識読み取りディスプレイ ロードサインアシスト 標識読み取りディスプレイ ロードサインアシスト

ロードサインアシストは、前方のカメラで認識した道路標識を、マルチインフォメーションディスプレイに表示するシステム。道路標識の見落としを減らし、安全運転を促します。ディスプレイ表示中に速度規制値を超過した場合や、はみ出し通行禁止を表示中に自車の追い越し操作を検出した場合などには、表示の点滅などでドライバーに告知する機能も備えています。

広島トヨペット 予防安全装置設定車種ラインアップ 広島トヨペット 予防安全装置設定車種ラインアップ

■車種・グレードによって設定が異なる場合があります。■一部のビジネスカーは除きます。 掲載の内容は2018年4月現在のものです。

予防安全装置設定車種ラインアップ表 予防安全装置設定車種ラインアップ表

*1.メーカーオプションのインテリジェントクリアランスソナー装着時 *2.Toyota Safety Sense装着時
★一部グレードでメーカーオプションのアダプティブハイビームシステムを選択いただけます。 ※メーカーオプションで非装着にすることも可能です。

※1.対車両は自車速度約10〜180km/h※で作動、対歩行者や対自転車運転者は自車速度約10~80km/hで作動します。※2.警報は自車速度約15~140km/h※、ブレーキアシストは自車速度約30~80km/h、自動ブレーキは自車速度約10~80km/hで作動します。※3.対車両の場合は前方約60m以内で検知し、対歩行者の場合は前方約30m以内で検知します。また、作動したときの速度差が約4~30km/hであれば衝突を回避できる場合があり、速度差が約30~80km/h(対歩行者の場合は約30~50km/h)であれば被害を軽減できる場合があります。※4.作動対象は車両です。歩行者は対象としていません。対車両であっても車速約50km/h以上では緊急ブレーキは作動しません。また作動速度域の約50km/h以下であっても、先行車との速度差が約30km/h以上ある場合は作動しません。■道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。■プリクラッシュセーフティ・衝突回避支援ブレーキ機能はあくまで運転を支援する機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。■数値は社内測定値。
※公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。

サポカー(セーフティ・サポートカー)は、政府の定める「安全運転サポート車」の総称です。 サポカー(セーフティ・サポートカー)は、政府の定める「安全運転サポート車」の総称です。

セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)、セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>(サポカーS<ベーシック+>)、セーフティ・サポートカー(サポカー)は、政府が交通事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。自動ブレーキ、ペダル踏み間違い時加速抑制装置など安全運転を支援する装置を搭載し、高齢者を含む全てのドライバーの安全をサポートします。

※セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、プリクラッシュセーフティ(歩行者[昼夜]・自転車運転者[昼]検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)またはプリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ/ミリ波レーダー+単眼カメラ方式)、インテリジェントクリアランスソナー、レーントレーシングアシストまたはレーンディパーチャーアラート、アダプティブハイビームシステムまたはオートマチックハイビーム装着車。セーフティ・サポートカーS<ベーシック+>(サポカーS<ベーシック+>)は、プリクラッシュセーフティ、インテリジェントクリアランスソナー装着車、またはスマートアシストⅡ装着車。セーフティ・サポートカー(サポカー)は、プリクラッシュセーフティ装着車。

■グレードによって予防安全装置の設定が異なる場合があります。■グレードや予防安全装置の設定によって同じ車種でも安全運転サポート車の区分が異なる場合があります。■予防安全装置の各機能の作動には、速度や対象物等の条件があります。また、道路状況、車両状態、天候等により作動しない場合があります。詳しくは、取扱書、またはWEBをご覧いただくか、販売店スタッフにおたずねください。■予防安全装置はドライバーの安全運転を支援するためのものです。機能を過信せず、安全運転を心掛けてください。

サポトヨ