NEW AQUA DEBUT!

DESIGN

「Simple & Bold」をテーマとした、
フレンドリーで力強いスタイリングへ
進化。

AQUA AQUA

INTERIOR

シンプルな造形とさらに向上した質感。先進性と表情の豊かさを強化したインテリア。

スタイルをアクティブに際立たせた
Crossover

Crossover

HYBRID HYBRID SYNERGY DRIVE

お財布と環境にやさしい低燃費。

34.4km/L 燃料消費率
燃費基準+50%達成者。低排出ガス車

1.5L+モーター・2WD 〈Crossover、G “ソフトレザーセレクション”、G、S〉

クラストップレベル*1の低燃費。

*1  2017年6月現在。ガソリン乗用車コンパクトクラス。トヨタ自動車(株)調べ。

34.4km/L 燃料消費率
燃費基準+50%達成者。低排出ガス車

1.5L+モーター・2WD 〈L〉

■燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。

SAFETY 衝突回避支援パッケージ

運転中の万一に備えて、ドライバーをサポート。

ドライバーサポート

Toyota Safety Sense C(衝突回避支援パッケージ)

衝突回避支援パッケージ

スイッチ、カメラ+レーザーレーダー

トヨタの「実安全の追求」から生まれた先進の衝突回避支援パッケージ。
最先端の技術革新の成果を組み入れ、ドライバーの安全運転を多面的にサポートします。

  1. 01

    衝突の回避や衝突時の被害軽減をサポート。

    プリクラッシュセーフティシステム
    (レーザーレーダー+単眼カメラ方式)

    • 障害物を検知 障害物を検知

      低速から高速まで幅広い速度域で作動。
      2種類のセンサーが
      車両などの障害物を検知します。

    • 警報を発して回避操作を促します 警報を発して回避操作を促します
      • 警告ブザー
      • ディスプレイ表示

      進路上の先行車をレーザーレーダーと単眼カメラで検出。衝突の可能性が
      あると判断した場合には、警報を発して回避操作を促します。

    • 強力なブレーキアシスト 強力なブレーキアシスト
      • 警告ブザー
      • ディスプレイ表示
      • ブレーキアシスト

      警報ブザーが作動している時にブレーキを踏むと、
      強力なブレーキアシストが作動します。

    • 自動ブレーキ 自動ブレーキ
      • 警告ブザー
      • ディスプレイ表示
      • ブレーキアシスト

      ブレーキを踏めなかった場合でも、自動ブレーキは約10km/h~80km/hの幅広い
      速度域で作動し、 例えば停止車両に対し自車速度が30km/hの場合は、自動ブレーキ
      により約30km/hの減速を行い、衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。

    ■警報は自車速度約15km/h~140km/h、自動ブレーキは自車速度約10km/h~80km/hで作動します。また、道路状況、車両状態、天候状態およびドライバーの操作状態等によっては、作動しない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■プリクラッシュセーフティシステムはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■数値は社内測定値。

    ※公道を走行する時は、法定速度や制限速度を順守してください。

  2. 02

    車線逸脱による事故を未然に防ぐために。

    レーンディパーチャーアラート*

    車線逸脱を防ぐ 車線逸脱を防ぐ

    道路上の白線(黄線)をセンサーで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせします。

    *. 車線逸脱警報 ■本システムは幅約3m以上の車線を自車速度約50km/h以上で走行時に作動します。また道路状況、車両状態および天候状態等によっては、ご使用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■レーンディパーチャーアラートはあくまで運転補助機能です。本機能を過信せず、必ずドライバーが責任を持って運転してください。 ■写真の画面表示は、機能説明のために通常の状態と異なる表示・点灯をしています。実際の走行状態を示すものではありません。 ■表示される画面は、グレードやオプション装着により異なります。

  3. 03

    夜間の歩行者などの早期
    発見に貢献。

    オートマチックハイビーム

    ハイビームロービーム自動切り替え

    ハイビームとロービームを自動で切り替え、夜間の歩行者などの早期発見をサポート。切り替え忘れを防ぐほか、手動操作の煩わしさも軽減します。

    ■自車速度約30km/h以上で作動します。 ■ハイ・ロービームの切替自動制御には状況により限界があります。運転時にはつねに周囲の状況に注意し、必要に応じて手動で切り替えるなど、安全運転を心がけてください。■道路状況および天候状態等によっては、ご利用になれない場合があります。詳しくは取扱書をご覧ください。

こんな「うっかり」に備える
うれしい機能も

前のクルマの発進をお知らせ。

告知機能
先行車発進告知機能

信号待ちや渋滞で先行車に続いて停止し、先行車の発進に気づかず
そのままでいる場合には、ブザーとディスプレイ表示でお知らせします。

■Crossover、G“ソフトレザーセレクション”、Gに標準装備。 ■S、LにToyota Safety Sense Cとセットでメーカーオプション。 ■ブレーキペダルを踏んでいる時に作動します。シフトポジションが[P]・[R]の時は作動しません。「N」の時はブレーキペダルを踏んでいなくても作動します。 ■先行車が約4m以上進んでも自車が止まったままだとシステムが判断した場合に作動します。なお、機能のON/OFFおよび通知タイミングの変更が可能です。詳しくは取扱書をご覧ください。 ■先行車発進告知機能は、Toyota Safety Sense Cのセンサー技術を活用したその他の機能です。

急発進・急加速を抑制し、被害を軽減。

下記のようなシーンでハイブリッドシステム出力抑制+
ドライバーへ警告を表示

ドライブスタートコントロール ドライブスタートコントロール
ドライブスタートコントロール
  1. アクセルが踏み込まれた状態で
    「R」ポジション→
    「D」ポジションにシフト変更
  2. 制御なし 急発進
    制御あり 急発進を抑制

シフト操作時における急発進の抑制や衝突時の被害軽減に寄与するシステム。例えば、後退時に衝突し慌てたドライバーが、アクセルを踏み込んだままシフトを「R」から「D」へ変更した際、表示で注意を促すとともに、エンジン出力を抑えて急発進・急加速を抑制します。

COLOR VARIATION

14カラー

Crossover専用色をはじめ、色とりどり鮮やかな14色と個性際立つフレックストーン4色の豊富なカラーバリエーション。

PRICE

価格表 価格表

■価格は消費税8%込み<’17年6月現在のもの>です。■車両本体価格はタイヤパンク応急修理キット〈除くL〉またはスペアタイヤ〈L〉、タイヤ交換用工具付の価格です。■車両本体価格にはオプション価格、取付費は含まれていません。■保険料、税金(除く消費税)、登録料などの諸費用は別途申し受けます。■写真は機能説明のために各ランプを点灯したものです。実際の走行状態を示すものではありません。■自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金(9,420円〈’17年6月時点の金額〉)が別途必要となります。詳しくは販売店スタッフにおたずねください。■掲載の内容は'17年6月現在のものです。■詳しくは販売店スタッフにおたずねください。