この会社だからこそ得られる
仕事の楽しさと喜びがある!

About CrossTalk

広島トヨペットの未来を紡ぐ、
先輩社員たちが本音で語り合います!

入社1年目の若手から、10年目の中堅まで店舗を越えて4名が集結。入社した思いはさまざまだが、全員一致しているのは「お客様のために」という熱い思い。自動車という商材は、お客様とじっくり向き合い、長い期間にわたって関係性が保てる仕事。いい仲間と先輩たちに囲まれ、人が好き、仕事が好きという思いを胸に、自分とチームのために。これからの広島トヨペットの担い手としての思いを、本音で語ってもらいました。

  • 新車営業課
    2018年入社
    今井 達夢

    取り扱い車種の幅広さに惹かれ入社。ルーキーながら熱い思いと提案力は誰にも負けたくないと日々奮闘している。

  • 新車営業課
    2018年入社
    赤田 夢花

    クロストークの紅一点。自動車ディーラーという「人と関わりやりがいが持てる仕事」は天職だと自負している。

  • 新車営業課
    2013年入社
    塚脇 祥太

    「とにかく営業職がしてみたい!」という根っからの熱血セールスマン。あふれる意欲は誰にも止められない。

  • 新車営業課
    2008年入社
    田原 宏樹

    入社10年目を向かえたクロストーク最年長。身に付けたスキルで、多くの後輩から憧れの眼差しを浴びる。

Start CrossTalk

入社当初、営業職に就いた実感や思い、
苦労など仕事を始めてから気づいた面白さはどんなものがありましたか?

今井さん
営業職を始めた当初、高額な車を販売することに不安もありました。最初は先輩と同行し、「新人です」と紹介をしてくれたことで、すぐに受け入れてくれました。先輩が作ってくれた関係性の重要さを実感しましたし、自分も見習おうと思いました。
赤田さん
私は「お客様と近い存在になれるんだ」という実感がありました。セールストークだけでなく、車を介して趣味の話やプライベートな話への発展もあります。暮らしに密着して愛着を持っていただける商品だからこそ、いい距離感で仕事ができるんだと思いました。
塚脇さん
車を売る、ということは簡単なことではありません。だからこそ、自分を売り込むこととそれに加えて、信頼を得ることも重要だと思います。そのためには誠意と熱意を持ってお客様と接することですね。日ごろから積み重ねた信頼関係が重要だと思います。

田原さん
誤解を恐れずに言うと「車は簡単に売れるんだ」と思いました。というのも、車は生活に密着した商品なので、ニーズを丁寧に探れば商機は確実に訪れます。買い換えるタイミングやそのメリットをきちんと提案すれば、営業としての方法論は構築しやすいと思います。
今井さん
勉強になる話だと思います。新車販売以外にも点検のご案内や調子伺いは、僕もこまめに行っています。その結果から、お客様の立場で考えて、代替えか乗り続けていただくかをご提案しています。「売る力」だけではなく、「親身になって考える力」も営業には必要ですよね。
赤田さん
私は毎日、独自のチラシを作って配っています。愛車を大事に乗っていただきたいという思いから、メンテナンスのご案内をメインに行い、そこからのきっかけで、お客様のお困りごとや求めていることを探せるので、今後もこの活動は続けていきたいですね。

Start CrossTalk

日々の業務で得られる、楽しさや喜び、
そしてモチベーションアップの秘訣と将来の夢はなんでしょうか?

塚脇さん
納車では、実際に車を見たお客様が喜ぶ姿を見ると自分もうれしくなります。新規のお客様の場合、営業マンとしては納車後からがお付き合いのスタートです。特に年配のお客様には子どものようにかわいがっていただく事もあり、仕事のやりがいにもつながります。
田原さん
やはり目標達成の瞬間に、営業職として最高の喜びを感じます。目標まであと数台、というときにスタッフ全員で力を合わせて達成をしたことがあります。良い結果につながったこともそうですが、チームとしての結束力を持ち、みんなでやり遂げたことも充実感を覚えます。
赤田さん
私の場合、新規訪問から契約に至ったお客様に「赤田さんが何回も何回も来てくれるから買わないといけなくなったわ、ありがとう」と言われました。私を信頼していただいただけでなく、これからのお付き合いも考えてのお言葉に、強いやりがいを感じましたね。

今井さん
以前、他社と競合した際に見積金額ではこちらが不利にもかかわらず、「よく来てくれる今井さんから買うよ」と言っていただきました。入社から日が浅かった自分の気持ちが届き、購入していただけたという喜びはその後、大きなモチベーションにつながりました。
塚脇さん
現在目標があり、5年後に副店長になることです。それを日々のモチベーションとして、これからは個人の数値目標達成だけでなく、所属するチームメンバーに対するフォローや思いを吸い上げ、結果に結びつけるという責任ある仕事も、楽しみながらこなしていきたいです。
田原さん
入社して10年ですので、自分の活動目標やその意味を明確にすることでモチベーションが維持できると思っています。将来は店長など、責任ある立場を目指していますので、早くそこに到達できるように、毎日の行動をきちんと結果に結びつけていきたいです。

INTERVIEW

詳しく見る